スポンサーサイト

2015.08.13 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

0

    「伝統の文様」と「新しい文様」

    2015.06.03 Wednesday

    先日、モン刺繍の長財布をお買い求めいただきましたお客さまから、
    改めて、お返信をいただきました。

    お財布をご購入いただく際に、他のフェアトレードのサイトも、たくさんご覧になったそうですが、
    ”「生産者」そして「織物」へのあたたかい気持ちが伝わってきた”ということで、『織り人』ショップを、
    お選びくださったそうです。

    そういっていただけるのは、何よりもうれしいことです。
    本当にありがとうございます。

    たくさんのお店がある中で、他のお店との差別化を図るためにも、生産者の方たちについて、
    商品について、そして、その製品の文様の意味や由来などもあわせて、ご紹介していきたいと思っています。

    今回ご利用くださったお客さまも、オンラインショップのそれぞれの民族の刺繍の特徴などを
    ご紹介したページも、じっくり読んでくださったそうで、ご注文いただいたお財布の文様は、
    「ゾウの足あと」だろうか、「カタツムリ」なのかな?と、いろいろとご想像くださったそうです。

     


    ご注文いただいた長財布の文様は、モン族の他の商品でもよくみられ、
    タイのモン族の方たちの中で、最近よく使われているものです。
    この花柄のように見える文様は、ご覧になったことのある方も多いのではないでしょうか。

    これは、”モン族の文様”と思われていますが、もともとのくわしい由来はわかっておらず、
    これ自体は伝統的な文様ではないようです。

    私がこれまでに、村のおばさま方にお聞きしたり、本などから調べたところによると、
    花文様の花びらの一部のように見える数字の「3」のような文様は、
    ミェンやモンの人たちの間では、「虎のツメ」を意味していたようです。

    それを4つ組み合わせて、花柄のようになり、今では、”かわいいから”とか、
    ”いつも刺している文様だから”という理由から、この文様が好まれているようです。

     
    モン花文様の収納ケース


    文様の意味などは、私もとても興味があるところで、いつも、これはどういう意味なのか、
    ということを教えてもらっているのですが、最近では、村の中でも知っている人が本当に少なくなり、
    意味は分からないけど、昔から刺している文様だから、とか、きれいだからということがほとんどです。

    伝統的な意味合いがなくなり、新しい意味が作り上げられてきていることの方が多くなってきていますが、
    そうした変化も、それぞれの民族の間の手しごとの歴史なのだと思うのです。


     
    モン花文様のブックカバー


    どんな模様がどんな風に変化してきたのか、つくり手さんたちが気に入ったものがどんなものなのか、
    それをどんな風に変化させてきたのか…、そういう点も、とてもおもしろいことだと思っています。

    伝統を守るだけでなく、今を生きる人たちが好きなものを、よいと思うものを作っていく、
    ということも大切なことなのかなと、最近では思ったりしています。

    それでも、ご年配のおばさま方の中には、今でも、その民族伝統の文様や手法でつくっている方たちもいます。
    今のうちに、そうしたものを少しでも残していけるような製品も作れたらいいなと思っています。

     
    モン花文様のブックカバー


    お客さまからは、”長財布の模樣は、新しいアイディアと伝統的な要素をあわせ持つものなのですね!
    とても面白いです。このお話を聞いて、より好きになってしまいました。”
    と、さらにお返事をいただきました。

    私自身も、つくり手さんたちからいろいろなお話をお聞きすることで、さらに好きになり、
    それを、日本のみなさまにもぜひ、ご紹介したい!という気持ちになります。

    織り人




     
    0

      モン族のリバースアップリケと日本の伝統工芸

      2015.06.01 Monday

      先日、モン族のリバースアップリケのハート形のキーホルダーをご注文くださったお客さまから、
      ご注文の際に、一緒にコメントもいただきました。

      ”このハートの造形、刺繍は、アイヌの模様と共通するものを感じます。”

      アイヌのハート型のアクセサリーや刺繍を探していらっしゃる途中で、
      『織り人』のリバースアップリケのキーホルダーを見つけてくださったそうです。

      このキーホルダーは、タイ北部のモン族の村でアップリケされたもので、
      モン族の人たちが得意とする技法の一つです。
      この小さなキーホルダーの中に、とても細かい手しごとが、いっぱい詰まっています。


       
      モン族リバースアップリケのキーホルダー



      モン族の人たちの文様は、左右対称のアイヌ文様に似ているものが多くあります。
      リバースアップリケの他にも、モン族が得意とする刺繍の文様の中には、
      日本の東北地方のこぎん刺しに似た文様もあり、とても興味深いです。

      また、現在オンラインショップに掲載準備中のチェーン刺繍の文様などは、
      本当にアイヌ文様にそっくりです。

      タイなどの山岳民族の人たちの手しごとと、日本の伝統工芸とに、ともに通じるものがあり、
      私も、日本の民芸、伝統工芸にも、とても関心を持っています。


       
      モン族リバースアップリケのキーホルダー


      ”日本の「刺し子」に似てる、というか、元々は、布の強度を高める為の工夫だったかもしれませんが、
      ただ縫うだけでなく、その縫い目、模様を工夫することで、布を美しく、長く大事にする、
      という心意気は、昔の日本人と通じるものがあり、同じアジア人として、近い精神性を感じます。”

      と、改めてお返事をいただきました。

      本当にその通りだと思います。
      国や民族が違うということは、本当は大きな違いではなく、”モノに対する想い”
      ”つかう人への想い”が同じであれば、同じようなよいものが作られるということなのだと思うのです。

      織り人




       
      0

        お誕生日プレゼントでいただきました!!

        2015.04.15 Wednesday

        先日、 『織り人』ショップより、プレゼント用にカレンの手織り布を使った
        かわいいチューリップ型のキーホルダーを、いくつかご注文くださったお客さまがいらっしゃいました。

        そして、その一つが、なんと、『織り人』ショップを以前からご利用くださっている方の
        お誕生日プレゼントとして届いたそうなのです!

        その方も、びっくりして、すぐにご連絡をくださいました。
        前から気になっていた商品だったということで、とても喜んでくださいました。
         
        カレン手織り布のキーホルダー

        こんなこともあるのですねぇ。

        はじめて『織り人』ショップでご注文くださったその方と、以前から何度かショップを
        ご利用くださっていたお誕生日だったその方とは、前々からのお知り合いで、
        それも、こうしたアジアの手しごとが好きで、お知り合いになった方たちだったそうです。

        同じようなものを好きで、同じようなものを求めてくださっている方たちが、
        また『織り人』ショップで出逢って、またさらに新しい出逢いにつながっていく…、
        とてもうれしいことですね。

        織り人




         
        0

          タイ東北部の「マッドミー(絣)のエプロン」のご注文をいただきました!

          2015.04.10 Friday

          先日、マッドミーのエプロンのご注文をいただきました。

          「マッドミー」とは、タイ語で「絣(かすり)」のことで、タイの東北部の「マッドミー」は、とても有名です。

          でも、『織り人』ショップへご来店くださるお客さまの多くは、「モン族の刺繍」や「カレン族の布」などを検索して、
          当店へ立ち寄ってくださる方が多いのですが、「マッドミー」の商品を探して、『織り人』ショップにたどり着いてくださったそうです。

           
          マッドミーのエプロン


          商品のご到着後、「もったいなくて、まだ広げたり、折りたたんだりの繰り返しですが、
          せっかくなので、普段使いしようと思います。」とメールをいただきました。

          その様子を思い浮かべ、私もにやにやっとしてしまいました(笑)。

           
          マッドミーのエプロン


          私も、気に入ったものは、ついつい大事にとっておきたくなってしまうのですが、
          『織り人』ショップをご利用のお客さまにはいつも、使っていただくことが、つくり手の方たちの、
          そして、それをご紹介する『織り人』としても、一番うれしいことです、とお伝えします。

          『織り人』は、「つ」くる人のしあわせ、「か」う人のしあわせ、「う」る人のしあわせ、
          「つかう」ことで、かかわるすべての人がしあわせになる、そういう”ものづくり”を目指しています。

          織り人




           
          0

            お客さまよりモン刺繍の長財布のご感想いただきました!

            2015.03.24 Tuesday

            とても久しぶりのブログ更新となってしまいました…。
            ご無沙汰しております。

            でも、その間にも、たくさんのご注文をいただきまして、
            本当にうれしく思っております。

            先日、モン刺繍の長財布をご注文をいただきましたお客さまより、
            写真付きでご感想をいただきました!

            ”モン族の長財布、とってもステキです!
            ありがとうございました。

            色もデザインもとてもきれいで、何より「質」が素晴らしいです。
            縫い目は揃っているし、素材もしっかりしています。

            「アジア雑貨」では探してもなかなか見つからない、上質な商品です。

            フェアトレードだからこそ、職人さんは気持ちよく、
            丁寧なものづくりを出来るんだな、と思いました。

            手触りがよくて、使うたびに「嬉しい」気持ちにしてくれます。
            ありがとうございました!”
            お客さまの声_モン刺繍の長財布

            こちらこそ、本当にうれしいご感想をありがとうございました!

            こうしてお客さまからのご感想をいただくことは何よりも嬉しく、
            私の励みであり、生産者の方たちの励みでもあります。

            いただきましたご感想は、その長財布の刺繍をしてくださっている方たちや
            縫製をしてくださっている方たちに、ぜひ伝えさせていただきます。

            彼女たちも、自分たちが作ったものが、日本のお客さまのもとへ届き、
            使っていただき、こうしてご感想をいただくことで、
            自分たちの民族文化を誇りに思い、よりよいものを作っていきたいと、
            思うようになることと思います。

            一昔前のように、タイなどのアジアン雑貨は安いけれども、
            縫製はそれなりで、長く使えないなど、そういうものだと、
            考えられていた時代もありましたが、今はとても変わりました。

            そうしたものもある中、生産者の方たちが一生懸命作り、
            縫製もしっかりしたものもたくさんあります。

            経済発展著しいタイでは、こうした民族文化も消えつつあります。
            そうした中で、モン族、ミェン族、カレン族などそれぞれの民族の中の
            若い世代が、今、自分たちの民族文化をなんとか継承していきたいと頑張っています。
            『織り人』で製品作りをお願いしている方たちは、そうした人たちです。

            こうしてほしい、あぁしてほしいとお願いするばかりでなく、
            彼女たちが本当に作りたいものを、みなさまのように喜んでくださる
            日本のお客さまのために、よりよい商品を作っていきたいと、
            作り手さんたち自身が思うことが、本当によい商品を作ることに
            つながっていくのだと思っています。

            このたびは、本当にありがとうございました。
            これからも、応援いただけましたら幸いです。
            今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

            織り人
            0

              『織り人』SoooooS.店のお客さまより

              2015.02.20 Friday

              『織り人』SoooooS.店をご利用くださいましたお客さまより、
              ご感想をいただきました!

              ▽『織り人』SoooooS.店はこちら

              ミェン刺繍の3つファスナーポーチ

              ”ひと針ひと針丁寧な作りに感激です。
              作り手の我慢強さを感じます。
              毎日使いたい、大事にしたいひと品になりました。”

              ミェン刺繍の3つファスナーポーチ

              うれしいご感想、本当にありがとうございました!

              毎日毎日、少しの時間ができると、汚れないよう大切に包んである
              刺し途中の刺繍布と針を取り出し、一針一針、文様を仕上げていきます。

              小さなポーチの中にも、ミェンの人たちの想いがつまっています。
              気に入っていただけましたこと、とてもうれしく思っています。

              ミェン刺繍の3つファスナーポーチ

              このポーチの布は、ミェンの村の方たちが手刺繍しています。

              以前、ちょうど村を訪問中に、近隣の村のミェンのおばさまが、
              ご自分で刺した刺繍の布を持って、取りまとめをしている方の家へ
              やってきました。

              こうして作られた刺繍布は、1枚いくらという形で買い取りされ、
              素敵な製品に作り上げられていきます。

              ミェン族の刺繍

              その日、持ってきたのはこの1枚。

              そんなに大きなお金にはならないかもしれませんが、
              それでも、自分たちの得意とする技術で、収入を得られる喜びは、
              とても大きなものです。

              そうしたことで、ミェン伝統の手しごとの技術が継承され、
              新しい製品に生まれ変わり、その中のいくつかが、
              日本のみなさまのお手元に届くということは、
              とても素敵なことだと思います。

              つくり手さんたちの想いを、ちゃんと伝えられる製品を
              作っていきたいなぁと、改めて、感じさせていただきました。

              本当にありがとうございました。
              これからも、どうぞよろしくお願いいたします!

              織り人

              0

                カレンの村で手織りされた布のお財布

                2014.12.22 Monday

                先日よりご紹介しておりますカレンの機織りの村で織られた布で
                作られた製品のご注文をいただきました!

                たて糸に黒糸を使っているため、光の加減により色合いが変化する、
                光沢のある布で、カレンの布の特徴的な布の一つです。

                カレン手織り布の三つ折り財布

                以前、大阪で販売をした時に、『織り人』商品をご購入くださったそうで、
                ”大阪での販売はしないのですか?”というお問い合わせをいただいたのです。

                残念ながら、そのご連絡をいただいたのが、先日の大阪出張販売から
                戻ってすぐのことだったのです。

                お財布を探していらっしゃるということで、できれば実物を見て、
                購入できたら、ということでご連絡をくださったそうです。

                2月初めころに、もう一度、大阪へうかがえる可能性があることも、
                お伝えしたのですが、『織り人』のオンラインショップから、
                ご購入くださいました。

                カレン手織り布の三つ折り財布

                商品の到着後に、ご連絡をくださいました!

                ”以前、小銭入れを買ったのですが、1年以上毎日ジーパンのポケットに
                入れて使っているのに穴があいたりしなかったのが驚きました!

                今だに使えてるので正直ビックリしてます!”

                カレン手織り布の三つ折り財布

                今回、ご注文をくださったのは、以前ご購入の財布が、
                今も現役でいるということが、決め手だったそうです。

                前回の大阪での販売の時も、1年前にご購入くださったショルダーバッグを、
                ”毎日つかってます!”と見せてくださった方もおりまして、
                お使いいただいるその後のご感想をいただけるのは、本当にうれしいものです。

                応援ありがとうございます!
                これからも、みなさまに喜んでいただける製品をご紹介していけるよう頑張ります。

                織り人
                0

                  モン族のアップリケのベッドカバー届きました!!

                  2014.10.10 Friday

                  先日、モン族のリバースアップリケのベッドカバーを、
                  ご購入くださったお客さまから、ご感想とお写真をいただきました!

                  ”ありがとうございます。無事届きました。
                  シングルベッドにぴったりです!
                  素敵です!
                  心のこもったリバースアップリケで、
                  お部屋全体が温かい雰囲気になりますね。”

                  『織り人』のオンラインショップでご紹介していた時は、ベッドが、
                  シングルサイズではなかったため、印象がだいぶ異なりますが、
                  シングルサイズには、こんなにも、ぴったりなのですね…。

                  ご検討されていらっしゃるお客さまは、ぜひこちらのお写真を、
                  ご参照くださいませ!

                    お客さまの声_モン族リバースアップリケのベッドカバー

                  この下の写真は、心から喜んでくださってるというご様子が、
                  とても伝わってくるお写真でしたので、許可をいただいて、
                  ご紹介させていただきました。

                  このお写真が届き、拝見したとき、”わぁ〜よかったなぁ”
                  ”本当に気に入っていただいたんだなぁ”と、
                  本当に、うれしくなりました。

                  すてきなお写真を、ありがとうございました!

                    お客さまの声_モン族リバースアップリケのベッドカバー

                  こちらのベッドカバーは、タイ北部チェンライ県の山あいのモン族の村で、
                  一針一針、長い時間かけて作られたものです。

                  以前は、こうした大きなものも、たくさんオーダーがあったそうなのですが、
                  今は、なかなか売れなくなってしまったそうです。

                  私が、こちらの村の作り手さんの家を訪ねた時、”ぜひ、見てもらいたいものがある”
                  と、運ばれてきたのが、このベットカバーでした。

                  その作り手さんは、このアップリケが得意で、主に今は、小物用のアップリケを、
                  作ることが多いのですが、大きなものも作りたくて、売れる当てがあったわけではなく、
                  それでも、作りたくて作ったものだといいます。

                  でも、”買い手がいるわけではなくて…”と、残念そうな様子。

                  『織り人』でも、あまり大きく高価なものは、なかなか仕入れが難しいかと
                  思っていたのですが、本当に”作りたい”という想いが伝わってきたので、
                  私も、挑戦してみることにしました。

                  逆に今後、こうした大きなものの製作に取り組んでくださる作り手さんは、
                  どんどんいなくなってしまい、とても貴重な存在になっていくような気がしています。

                  その村の中でも、もう作っている人は、ほとんどいなくなってしまったといいます。

                  作り手さんが、”作りたい”と思うものを作り、それが日本の人たちにも、
                  気に入ってもらい、使っていただき、きちんと日本で売れるようになる、
                  そういうことが、一番望ましいことなんじゃないかなと思っています。

                  モン族のリバースアップリケのベットカバーはこちらです。

                  織り人
                  0

                    刺繍のブックカバーのご感想をいただきました!

                    2014.10.06 Monday

                    以前、モン族のクロスステッチ刺繍のブックカバーを、
                    ご購入くださったお客さまから、ご感想をいただきました!

                    ”手に優しくフィットします。
                    毎日使用する本のカバーにして半年ですが、汚れは付きにくいし、
                    使うほどに気持ちよく、手に馴染むような気がしています。
                    大変気に入っています。”

                       お客さまの声_モン刺繍の文庫用ブックカバー

                    オンラインショップでの一番の気がかりは、お客さまのお手元に、
                    商品が届いた時に、どのような印象であったか、ということと、
                    しばらくお使いいただいた後、不具合等は出ていないか、
                    気になる点が生じていないかどうか…という点です。

                    こうして、半年お使いいただいた後のご感想をいただけますと、
                    本当に安心いたします。
                    末永くお使いいただけましたら、うれしいです。

                    『織り人』商品をご愛用いただいておりますみなさま、
                    ぜひ、ご使用中のご感想などお寄せくださいませ。

                    また、万が一にも、ご使用中に不具合等ございましたら、
                    可能な範囲でお直しさせていただきます。

                    以前も、バッグのお直しなどさせてもらったことがございます。
                    お気軽に、ご連絡くださいませ。

                    織り人

                    0

                      お客さまからご感想をいただきました!

                      2014.05.27 Tuesday

                      先日、『織り人』をご利用いただきましたお客さまより、
                      ご感想をいただきました!!

                      カレン族の草木染めコインケースを購入しました。
                      スマホの充電器とケーブルを持ち歩くのに使います。
                      素敵な色合いで、縫製もしっかりしています。
                      とても気に入ったので、次回はエコバックを探しに来ますね。”

                      カレン手織り布のコインケース


                      お客さまのお手元に商品が届き、気に入っていただけたかなぁ…と、
                      ご注文の商品を発送した後はいつも、少し、心配しています…。

                      でも、こうしてご感想をいただけますと、本当に安心いたします。
                      ありがとうございました!

                      そして、何を入れて、どのようにお使いいただいてるのかなぁ…と、
                      いつもは想像しているだけなのですが、今回は具体的にイメージする
                      ことができ、とっても嬉しいです。

                      エコバッグを探しに、またのご来店をお待ちしております!

                      織り人
                      0