スポンサーサイト

2015.08.13 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

0

    異なる民族間で広まるクロスステッチ刺繍

    2014.04.23 Wednesday

    これは、男性用のアカ族の民族衣装です。
    えりの部分から前の縦のライン、そして、すそ部分の横のラインは、
    すべてクロスステッチの刺繍で、その文様は、どこかミェン族や、
    モン族の刺繍に似ています。

    「クロスステッチ」は、名前の通り、×印(クロス)をいくつも
    繰り返すことで、文様を作り上げていく刺繍です。

    他の刺繍に比べて、縦と横の布の目に沿って刺していくため、
    図案通りの形に刺すことが、比較的簡単であることから、
    刺繍が初めての人でも、誰でもが始めやすいのが特徴です。

    アカ族の民族衣装に施されたモン刺繍

    アカ族の人たちにとって、もともとクロスステッチ刺繍は一般的ではありませんでした。
    たとえば、ミェン族の人たちの場合も、刺繍には、いくつかの刺し方があり、
    「織り刺し」や「格子刺し」など、クロスステッチ以外の技法が主流でした。
    ▽ミェン族の刺繍については、『織り人』のこちらのページにまとめています。

    しかし、最近では、特に若い世代のミェン族の人たちの間では、
    クロスステッチ刺繍を好む人が増えています。
    実際、『織り人』で扱っている商品も例外ではなく、ミェン族の製品は、
    ほとんどがクロスステッチ刺繍のものとなっています。

    アカ族の民族衣装に施されたモン刺繍

    上の写真の上着の一番上の刺繍のラインは、モン族の人たちが好んで刺す文様と同じです。
    これは、よく見かけるため、アカ族の人たちの間でも一般的になっているのか、
    あるいは、モン族の人たちが刺したものなのかもしれません。

    ラフ族の人たちが、リス族の人たちからバッグの注文を受けていたり
    モン族の人たちが、ミェン族の人たちに、ベルトの刺繍を依頼していることがありました。

    村の入り口にある店の軒先で、刺繍をしている女性がいました。
    お話を聞いていると、汚れないように折りたたみながら刺繍していたものを、
    広げて見せてくださいました。
    これで、息子さんの上着を作るのだそうです。

    これらもすべて、クロスステッチ刺繍で、文様はミェン族の人たちのものに似ています。

    アカ族の民族衣装に施されたモン刺繍

    現在のタイでは、異なる民族間で、同じ文様を刺繍していることが多くみられますが、
    文様だけでなく、刺繍の技法自体も、民族ごとの違いはほとんどなくなり、どの民族の間でも、
    より簡単で、誰でもができるクロスステッチへと、変化していることがうかがえます。

    民族伝統文化は、長い歴史の中で、少しずつ変化を繰り返してきているものだとはいえ、
    それぞれの民族の特徴をよりあらわすものよりも、より簡単な技法や単純な文様へと、
    単一化されていっているようで、少しさみしい気もします。

    織り人
    0

      タイの山奥の海のタカラガイ

      2014.04.21 Monday

      本日は、先週からご紹介しているアカ族の村でのお話の続きです。
      訪ねたアカ族の村で、おばあさんが布にタカラガイを縫い付けていました。

      タカラガイは、熱帯から亜熱帯の海域に生息し、海から採れる貝ですが、
      こんなタイの山奥の村でも、古くから民族衣装の装飾用に使われてきました。

      以前ご紹介しましたミンダナオ島に暮らす先住民族ティボリの女性たちが織る
      「ティナラク織」という絣の芭蕉布を、光沢を出すために、布の表面を擦るのにも、
      タカラガイが使われています。


      また、アフリカなどでは、奴隷貿易に伴い、大量に持ち込まれたタカラガイが、
      長い間、貨幣として使われてきました。
      西アフリカのガーナの通貨は「セディ」といいますが、現地の主要言語アカン語で、
      タカラガイを意味するのだといいます。

      アカ族のタカラガイ

      タカラガイは、いろいろな種類があり、色や柄、大きさはさまざまですが、
      表面は、つるつるとして光沢があり美しく、世界中に、コレクターがいる
      ほどだといいます。

      日本でも、縄文時代の遺跡から、装身具として用いられたタカラガイが出土していたり、
      タカラガイは、「繁栄」「生誕」「富」などの象徴とされ、世界中で、民族衣装や装身具、
      お守りや宗教的な意味を持つ呪物として、利用されてきました。

      タカラガイを神聖なものとみなし、身に着け、利用していたアジア民族は多く、
      多くの民族儀式の中でも使われてきています。

      アカ族のタカラガイ

      このタカラガイは、アカ族の村で売られていたものですが、調べてみると、
      おそらく、貨幣として好まれていた「キイロダカラ」という種類のようです。

      村では、この貝を裏返し、ベルトやバッグとなる布に縫い付けていました(1枚目の写真)。

      アカ族のタカラガイ

      アカ族のように山岳地域の民族でも、貝殻を民族衣装に取り付けたりしていますが、
      今は、市場などで手軽に購入することができるのだと思うのですが、その昔は、
      どのような経路をたどって、タイの山奥までやってきたのでしょう…。

      今回、聞きそびれてしまったのですが、次の時、タカラガイのいろいろなお話を
      聞いてみたいと思います。

      織り人
      0

        7つの異なる民族が集まる山奥のお祭り

        2014.04.17 Thursday

        先日訪れたアカ族の村は、ある山の頂上付近にあり、その山には、タイの6大民族
        といわれる「アカ族」「モン族」「ラフ族」「リス族」「カレン族」「ミェン族」の村と、
        中国雲南地方から逃れてきた人(チンユンナン)たちが、長く住んでいる村があり、
        7つの民族が、同じ”行政区”の中で生活しているのだそうです。

        そして、毎年12月末から新年にかけて、この山のお祭りがあり、それは7つの民族合同の
        盛大なお祭りなのだそう。
        今年の祭りの際、その家の娘さんとそのお友だちが、アカ族の民族衣装で正装した時の
        お写真を見せてくださいました。

        アカ族の人たちの民族衣装は、帽子だけでなく、衣装の装飾も、本当に豪華ですね。

        タイのアカ族の村で

        お話をしていると、その娘さんが、衣装を着てみてくださるということになり、
        お写真を撮らせていただきました。

        少し慣れた様子でしたので、おそらく、このお祭りの時などには、
        観光客が訪れたりする村なのかなぁという気がしました…。

        この地域は、コーヒーやお茶の生産地として有名で、そのお祭りも、
        ”テサカン チムチャー(お茶を味見するお祭り)”と呼ばれています。

        タイのアカ族の村で

        このお祭りには、それぞれの民族が、それぞれの民族衣装で着飾って集まり、
        それぞれの食事を用意し、それぞれの踊りや歌などを披露するのだそうです。
        その様子を、想像するだけでもわくわくします。

        現在のタイでは、民族ごと、村ごとではなく、異なる民族(村)が、お祭りや伝統行事などを、
        一緒におこなうということが、普通のことになりつつあるのだなぁと感じます。

        あるミェン族の村でも、毎年、新年は隣りのモン族の村の人たちと過ごしている、
        という話を聞きました。

        そして、こうした交流を通して、若い人たちは特に、お互いの刺繍や織りの色合いや文様など、
        気に入ったものを取り入り、それぞれの民族の新しい手しごとの文化が作り上げられていくのですね。

        織り人

        0

          アカ族の人たちが大切にしている帽子

          2014.04.16 Wednesday

          アカ族の人たちの民族衣装の帽子は、「兜(かぶと」と呼ばれるほど、
          大きく豪華なものです。
          たくさんの銀(アルミ)の装飾で覆われ、赤いニワトリの羽の房が
          付いたものですが、アカ族の中でも、それぞれの支族ごとに特徴があります。

          「ウローアカ」の人たちは、背の高いとんがり帽子で、
          「ロミーアカ」の人たちのものは、背の低い帽子だそうです。

          こちらの写真は、先日訪れた観光化が進むのアカ族の村ではなく、
          その後、おじゃまさせていただいたもう一つのウローアカ族の村でのこと。

          タイのアカ族の村で

          いつも『織り人』の商品を作ってくださっているミェン族の方を訪ねた時、
          近くにアカ族の村があるということで、案内してくださったのです。

          ミェン族のその方は、以前は他の地域に住んでいたので、アカ族のこの女性とは、
          顔見知りではありましたが、今回初めて、村を訪問させてもらったのだそうです。

          いろいろとお話をお聞きしていると、やはり、帽子について、たくさん説明してくださり、
          アカ族の人たちが自分たちの帽子を、とても大切に考えているのだなぁということを、
          改めて感じました。

          織り人

          0

            アカ族の民族衣装と大切な帽子

            2014.04.15 Tuesday

            先日ご紹介したアカ族の村で、かたわらに置いてあった民族衣装の上着を、
            羽織って見せてくれました。
            ”本来は、帽子をかぶって、ちゃんとするんだよ…”と。

            アカ族の民族衣裳

            この上着は、「ウローアカ」の人たちのもので、「ロミーアカ」の人たちのものとは、
            そでの部分が異なるそうです。

            でも、今では、どちらの上着でも、好きな方を着てよいそうで、その場で刺繍をしていた
            「ロミーアカ」出身の女性も、両方の上着を着ることがあるのだそうです。

            アカ族の衣裳

            上着の下の部分(上写真)に、白い小さな丸いものが縦に並んで縫い付けられているのが、
            おわかりになりますでしょうか。
            下の写真のベルトの先の両脇についている白いものもそうですが、これは、
            プラスチックのボタンで、ワイシャツなどについているボタンと同じようなものです。

            昔は、ボタンではなく、植物のタネや貝殻、銀などを使っていたのではないかと思うのですが、
            他のアカ族の村でみた衣装も、すべてこの白いボタンが使われていました。

            先日購入したタイの6大民族についての本(さっそく届きました!)も見てみましたが、
            30年前に発行されたその本の中のアカ族の民族衣装もすべて、白いボタンが使われていました。
            ということは、こうした傾向は、だいぶ前からのことなのだと思われます。

            アカ族の衣裳とバッグ

            バッグに縫い付けられているのは(下写真)、イネ科の植物のタネで、
            バッグのまわりに縫い付けたり、房にしてぶら下げたり、
            花の文様を形どったりして、縫い付けます。

            アカ族の帽子についている銀色の丸いものは、昔は、本物のコイン(銀)が、
            取り付けられていましたが、今ではアルミに替わっています。

            アカ族の人たちは、上着は自由に好きな方を着ることができるということですが、
            ただ、帽子だけは、自分の出身のものをかぶるのだそうです。

            アカ族のバッグと帽子

            どちらの帽子にも共通しているのが、赤く染めたニワトリの羽の房が、
            取り付けられていること(下写真)。
            何十羽ものニワトリの羽を赤色に染めて作っているのだそうです。

            帽子の頭頂部には、他の動物の毛が使われています。
            それは、昔はサル(テナガザル)の毛を使っていたそうですが、
            現在は、羊毛などを使っているそうです。

            アカ族の帽子

            アカ族の人たちにとって、帽子は民族衣装に欠かせないものであり、
            とても大切なものと考えられていることが感じられました。

            はじめに、おばあちゃんが民族衣装を羽織ってくださったとき、
            帽子をかぶっていなかったのは、本当はちょっと嫌だったのだなぁと、
            申し訳なく思いました…。

            織り人


            注)「ウローアカ」「ロミーアカ」など各民族の特徴について、聞き違いなどから、
              事実と異なる記述があるかもしれません。
              異なる事実が明らかになりました際には、本ブログ上で、訂正等をさせていただきます。


            0

              アカ族の村での刺繍の風景

              2014.04.14 Monday

              先日訪れたアカ族の村では、普段、観光客などを受け入れ、一部の人たちは、
              おみやげものを売ったりして、生計を立てている村のようでした。

              この時期は、観光客が少ないようで、ほとんどのお店は閉まっており、
              普段はお店となるその場所で、おばあちゃんと若い女性たちが集まり、
              刺繍をしたりして過ごしていました。

              アカ族の村で

              こうして作っているのも、おみやげもの用だそうですが、今でも、
              自分たちの民族衣装や帽子、バッグなどは、自分たちでつくっているそうです。

              アカ族は、「イコー」と呼ばれることがありますが、彼ら自身は「アカ」と呼びます。

              アカ族は、「ウローアカ」「ロミーアカ」「パミーアカ」などに分かれますが、
              この村は、その中でも「ウローアカ」と呼ばれている人たちの村だそうです。

              でも、彼女は「ロミーアカ」出身で、刺していた刺繍も、
              「ロミーアカ」の民族衣装のためのものなのだそうです。

              アカ族の村で

              おばあちゃんは隣りで、販売用のアカ族のバッグに、ビーズを取り付けていました。

              普段は村で、民族衣装を着ている姿を見かけなくなってきましたが、こうした村では、
              お店に立つときは、民族衣装を着て、アカ族の特徴である帽子をきちんとかぶって、
              観光客を迎えています。

              アカ族の村で

              織り人
              0

                観光地化していくアカ族の村での日常

                2014.04.11 Friday

                先日訪れたラフ族の村の近くに、アカ族の人たちが住む村があるということを聞き、
                訪ねてみることにしました。

                この村は、村の入り口に大きなコンクリートの門があり、その脇には、
                民族衣装を着たアカ族の人たちの写真が大きく飾られており、
                おそらく観光客が訪れる村なのだと思います。

                アカ族の村で

                でも、この時期、観光客はほとんどおらず、村も少し普段の様子を見せていました。
                家の屋根を葺き替えるための準備をしたり、バッグを作る布に貝殻を縫い付けたり…。

                アカ族の村で

                タイでは、観光客を受け入れ、おみやげものを売ることで生計を立てている村も、
                多くなってきています。

                それでも、当たり前のことですが、そうした村にも、普段の生活があります。
                そんな様子を、ほんの少しだけですが、見させていただいたような気がします。

                織り人

                0

                  アカ族の機織りとアップリケ

                  2013.11.26 Tuesday

                  大阪の国立民族学博物館(みんぱく)で見かけたアカ族の機織り。

                  アカ族の人たちは、銀の飾りがたくさん付いた兜が特徴です。

                  アカ族の腰機

                  残念ながら、実際のアカ族の機織りを見たことはないのですが、
                  アカ族の民族的な手しごとは、小さな三角形に切った布を、
                  毛糸と一緒に縫い付けるアップリケのような技法が特徴です。

                  アカ族の刺繍とアップリケ

                  アカ族の刺繍とアップリケ

                  『織り人』では、アカ族のアップリケのポーチを販売しています。

                  織り人



                  アジアのフェアトレード雑貨OnlineShop『織り人(Orijin)』




                  0
                    1