スポンサーサイト

2015.08.13 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

0

    秋の松島へぜひお出かけください!!

    2014.09.09 Tuesday

    松島の尾張屋さんから、ご注文をいただきました!

    この夏も、たくさんの観光客の方たちが東北に戻ってきてくださったようで、
    今週末の3連休を前に、ご注文のご連絡をくださいました。

    松島の尾張屋さんからのご注文

    最近では、すっかり秋らしくなってきたので…と、タイの教育支援NGO
    マレットファン』応援商品「マレットの夢のたね」の追加ご注文をいただきました。

    ここしばらく、じめじめした日が続いていましたので、
    ちょうどよい機会と、「夢のたね」たちを陰干ししてあげました。
    すっかりカラカラになり、気持ちよさそうでした。

    松島の尾張屋さんからのご注文

    尾張屋さんからのご注文は、観光地という立地からか、
    ご注文いただく商品は、旅行にぴったりのショルダーバッグや、
    たくさんのお土産を買ったときに入れられるようなトートバッグ
    デジカメやスマホ、貴重品名を入れて持ち歩くのに便利なポシェットなど、
    旅行の時に、あったらいいなぁと思うような商品が多いです。

    *上記商品につきまして、「SoldOut」ばかりになっておりまして、
     本当に申し訳ございません。

     現在、掲載準備中または入荷待ちでございます。
     今しばらく、お待ちくださいませ…。

    松島の尾張屋さんからのご注文

    しっかり梱包して、松島へ出発していきました。
    今は、尾張屋さんの店頭で、みなさまのご来店をお待ちしています!!

    秋の松島、とっても気持ちよいですよ。
    ぜひ、お出かけくださいませ!

    織り人
    0

      ”憩いの場”としてのフェアトレードショップ

      2014.05.16 Friday

      以前、松島の尾張屋さんからのお誘いでうかがわせていただいた
      第三世界ショップさんの展示販売会の帰りに、偶然ご一緒になった
      るま・ばぐーす」さん。

      インドネシア語で「素敵な家」という意味の「るま・ばぐーす」さんでは、
      食品をはじめ、バッグや衣類など、さまざまな国のフェアトレード商品を
      取り扱っていらっしゃいます。

      初めてお会いした時に、ぜひ今度お店の方へうかがわせていただきたいと、
      お願いしておりました。
      その後、すぐにタイ出張へ出かけてしまい、すっかり時間が経ってしまったのですが、
      改めてご連絡をさせていただいたところ、覚えていてくださり、おじゃまさせて
      いただくことになったのです。

      フェアトレードショップるま・ばぐーす

      店内中央には、テーブルが設けられ、日々、たくさんの方がお話を楽しみに、
      集まって来られるのだそうです。
      私がおじゃましている間にも、お店に来られるご連絡のお電話がかかってきていました。

      「るま・ばぐーす」さんは、近隣の方たちの”憩いの場”となっているご様子が、
      とてもよく伝わってきました。

      日本のフェアトレードショップの多くが、「るま・ばぐーす」さんのように、
      近隣の方々やフェアトレードなどの活動に興味のある方たちの交流の場として、
      大切な場所になっています。

      フェアトレードショップるま・ばぐーす

      最近では、大学生からのインターンシップ(就業体験)が増えているようで、
      数日後にも、近隣の大学生を受け入れる予定になっているのだそうです。

      『織り人』でも、大学生からのお問い合わせを、時々いただいたりしますし、
      大学生主催のフェアトレードに関連するサークルなども増えているように感じます。

      日本にフェアトレードが普及し始めた1980年代半ば以来、また少しブームのような
      感じがあるのでしょうか。
      こうした大小のブームを経て、それが単なる”ブーム”ではなく、”普通のこと”、
      それぞれの”日常”になっていくのだと思います。

      織り人
      0

        お客さまからご紹介いただいたフェアトレードショップへ

        2014.05.15 Thursday

        販売の時に、いつもご来店くださるお客さまから、阿佐ヶ谷にある「千手観音」さん
        というフェアトレードのお店のことをお聞きしていました。
        その方は、近くに行った際には、必ず立ち寄られるお店なのだそうです。

        こちらのお店のことは、私も以前から存じていましたが、実際にお店の方へは、
        おじゃましたことはありませんでした。

        一度、うかがってみたいなぁと思っていましたので、お客さまからのおすすめもあり、
        ご連絡をさせていただきましたところ、快く、迎えてくださいました。

        フェアトレードショップ千手観音

        こうしたフェアトレードショップは、日本の場合、女性の方が運営されていることが多いですが、
        千手観音さんは、以前は他のお仕事をされていらっしゃった男性の方です。

        『織り人』商品をご覧いただきながら、刺繍や織りのこと、生産者の方たちのことなど、
        いろいろなお話をさせていただきましたところ、とても関心を持って聞いてくださり、
        すっかり長居をしてしまいました…。
        お忙しいところ、ご丁寧にご対応いただきまして、本当にありがとうございました。

        いくつかの商品を置いて、お客さまからのご様子を見てくださることになりました。
        「千手観音」さんのお客さまにも、気に入っていただけたらいいなぁと思っています。

        たくさんのフェアトレード団体の商品を取り扱っていらっしゃるお店です。
        お近くに住まいの方は、ぜひ一度、足をお運びいただき、『織り人』商品も、
        ご覧いただけましたら、うれしいです。

        織り人

        0

          『織り人』展示販売できる場所をさがして

          2013.12.23 Monday

          先日、渋谷に用事があった時に、ちょっと気になっていた
          表参道の「かぐれ」というお店に立ち寄ってみました。

          いろいろホームページで探している時に、出逢ったお店です。

          かぐれ表参道


          ”天然素材と手仕事から生まれる生活雑貨”を中心に、1〜2ヶ月に一度、
          店内で作家さんの展示会をおこなったりしています。

          お店の内装も、”天然素材と手仕事”を大事にした造りになっています。

          かぐれ表参道


          お店の方と少しお話ができたので、どういう方たちが展示会をされているのかうかがい、
          今度改めて、『織り人』の製品をご覧いただけたら…と、お願いをしてきました。

          お店の雰囲気、コンセプトからは、 きっとカレン族の草木染めの手織り布の製品が、
          しっくりとくるのではないかなぁと感じました。

          来年は、製品をただ販売するだけでなく、今年挑戦したギャラリーでの展示会のような
          その製品について、”つくる人”たちについて、そういうことをご紹介しながら、
          展示販売できるような機会、場所を、たくさん作っていきたいなぁと考えています。

          織り人



          0

            フェアトレードショップ『パッチワーク』さんへ

            2013.11.05 Tuesday

            今日は、渋谷のフェアトレードショップ「パッチワーク」さんに、
            商品を持ってご挨拶にうかがいました。

            先日お会いした方からのご紹介で、お店でご一緒して、
            『織り人』の商品をいろいろとご覧いただくことができました。

            渋谷の東京ウィメンズプラザ内にあるお店で、ちょうど今週8日、9日に、
            全館あげてのイベント東京ウィメンズプラザフォーラムが開催される
            ということもあり、たくさんご購入くださいました。

            初めてお取り扱いいただくので、「挑戦ではあるけど…」と。
            本当にそうだと思うのです。

            店舗さんとして、売れるかどうかわからない、未知の商品を仕入れるのは、
            とても大変なことで、賭けだと思うのです。

            今回のイベントで、お客さまに気に入っていただけるかどうか、
            『織り人』の商品が試されるのだと思います。

            フェアトレードショップ「パッチワーク」


            お店の半分は、各国のフェアトレード商品が並べられ、もう半分側では、
            フェアトレードコーヒーや紅茶なども注文できるようになっています。

            通常お店は、建物1階の奥になるのですが、8日、9日は、建物の入り口でも、
            販売をおこなうそうです。

            ぜひ、お立ち寄りいただき、『織り人』商品をお手にとって
            ご覧いただけたらと思います。

            織り人


            アジアのフェアトレード雑貨OnlineShop『織り人(Orijin)』


            0

              ダイニング『街なか』さんとフェアトレード

              2013.11.04 Monday

              先日、以前からお世話になっている方から、今月のイベントや、
              クリスマスなどで販売できるような商品を…ということで、
              ご連絡をいただき、商品を持って、十条の「ダイニング街なか」さんで、
              お会いしてきました。

              街なかさんは、”安心で安全な食”と”障害のある人もない人も
              分け隔てなく働ける場”を提供するために、つくられました。

              その方は、その立ち上げに関わっていらっしゃった方なのです。

              十条ダイニング街なか


              お店の一角には、フェアトレード商品を販売するスペースも設けられ、
              フェアトレードの普及にも、積極的に取り組んでいらっしゃいます。

              『織り人』の商品も、街なかさんで販売していただいたり、
              関係する施設や、イベントなどで販売してくださるということです。

              十条ダイニング街なか


              2階には、貸スペースもあり、いろいろな活動に使われているそうです。

              報告会や販売会などをおこなえるような場所を探していましたので、
              そうしたことにも、利用させていただけるのかなど、いろいろとお話を
              うかがうことができました。

              本当にさまざまなことに取り組んでこられた方で、お話をお聞きするだけで、
              たくさんの刺激をいただきました。
              こうした方に、応援していただいていることは、本当にありがたいことで、
              それにしっかりと応えられるような活動をしていかなくては…と気持ちを
              新たにいたしました。

              お忙しいところ、お時間をいただき、ありがとうございました。

              街なかさんは、十条の駅から5分ほどで、お店の前の道は、
              いつでもたくさんの人が行き来している場所なのですが、
              残念ながら、2〜3年後には、駅前の再開発により、
              別の場所へ移らなければいけないそうです…。

              お近くにいらっしゃることがございましたら、
              ぜひ一度、おいしいご飯を食べにいらしてみてくださいね。

              織り人


              アジアのフェアトレード雑貨OnlineShop『織り人(Orijin)』


              0

                松島の尾張屋さんへお届けします!

                2013.10.28 Monday

                松島の「尾張屋」さんには、仙台にいる間、本当にお世話になりました。

                その頃は、時々、商品を持って、直接お店にうかがっていたのですが、
                東京にきてからは、初めてのご注文で、先日お電話をいただきました。

                離れても、こうして思い出していただき、ご注文をいただけますこと、
                本当にありがたく、うれしく思っています。

                松島の尾張屋さんへお届けします!


                ご注文いただいたのは、これまでもいつも置いていただいている、
                カレン族の手織り布をつかったトートバッグと、ショルダーバッグ
                ミェン族やモン族の手刺繍された布をつかったポシェットや、
                デジカメケースペンケースです。

                どれも、『織り人』の人気商品です!

                松島の尾張屋さんへお届けします!


                これまでは、尾張屋さんに直接選んでいただいていたのですが、
                今回は、私の方で、尾張屋さんがお好きそうなものを、
                お客さまに気に入っていただけそうなものを選ばせていただきました。

                今回の品ぞろえは、いかがだったでしょうか…。

                今回は、お客さまに、より『織り人』のことを身近に感じながら、
                商品をご覧いただけるように…と、商品のことや、”つくる人(生産者)”
                について紹介したカードを新しく作り直してみました。

                多くの方に、お手にとってご覧いただけたらと思っています。

                松島にご旅行の際などには、ぜひ尾張屋さんのお店で、
                『織り人』商品をご覧いただけたら、うれしいです。

                織り人

                アジアのフェアトレード雑貨OnlineShop『織り人(Orijin)』


                0

                  松島の尾張屋さんへ最後のご挨拶

                  2013.06.28 Friday

                  今日は、尾張屋さんに、商品を持って最後のご挨拶にうかがいました。

                  いつも車をとめているのは、中心部から少し離れた市営の無料駐車場。
                  そこからちょっと歩きますが、その駐車場から歩いて行く時に見える、
                  上から見る松島の眺めがきれいです。

                  松島


                  でも、今日は、あいにくの曇り空。
                  数日前とは、うって変わって、肌寒い一日で、
                  せっかくの松島でしたが、ちょっと残念…。

                  松島


                  尾張屋さんには、仙台で『織り人』を始めた時から、
                  本当にお世話になりました。

                  今後、仙台を離れてしまうため、直接うかがうことが
                  できなくなってしまうのですが、”これからも時々注文するわ”
                  とおっしゃってくださいました。

                  松島の尾張屋さん


                  今回は、これから夏の観光シーズンということ、また、『織り人』の最後?ということもあり、
                  カレン族のトートバッグを中心に、ミェン刺繍のポシェットモン刺繍のミニペンケース
                  ブックカバーなど、いろいろとご購入くださいました!

                  今後も引き続き、松島の尾張屋さんでは、『織り人』の商品を販売してくださいます。
                  松島へいらっしゃる際には、ぜひぜひ尾張屋さんへお立ち寄りください!
                  お店は、海に面したメイン通りの並びにあります。

                  『織り人』商品以外にも、バングラディシュやネパール、カンボジア、ラオス…など、
                  フェアトレード商品がいっぱいです!!

                  織り人

                  松島の尾張屋さん


                  アジアのフェアトレード雑貨OnlineShop『織り人(Orijin)』


                  0

                    第三世界ショップさんの全国キャラバン尾張屋さんへ

                    2012.10.30 Tuesday

                    先日、松島の尾張屋さんから、
                    「第三世界ショップさんのキャラバンが来るので、その時ご一緒にいかがですか?」
                    とお誘いをいただき、おじゃましてきました。

                    東京の目黒にある第三世界ショップさんとWWBジャパンさんは、
                    現在、被災地の想いを乗せて_全国キャラバンプロジェクトとして、
                    商品を車に積み込み、日本各地をまわっています。

                    インドの山羊革のバッグやポーチ、ペルーのアルパカのニットや帽子などと一緒に、
                    岩手県宮古市の仮設住宅でおこなっているソーシャルニットワーク・プロジェクト
                    でつくられている帽子やバッグなど、たくさんの商品を持ってこられていました。

                    商品のお写真を撮らせていただこうと、カメラを手にしていたのに…、
                    すっかり撮るのを忘れてしまい、思い出したのは、
                    すべて箱の中へ入ってしまったあとでした…。

                    残念ながら、ここでは商品の写真をご紹介できないのですが、
                    第三世界ショップさんのインドの山羊革のバッグなどは、
                    フェアトレードショップや雑貨屋さんでもよくお見かけします。
                    ご覧になったことのある方も多いかと思いますが、
                    ネットショップでもご覧いただけますので、ご興味のある方は、こちらをどうぞ。

                    松島の尾張屋さん


                    第三世界ショップさんは現在、日本や途上国など国内、海外という枠を超えた様々な問題解決のために、
                    「フェアトレード」だけでなく、より広い視野で地域の問題解決をはかる活動を目指し、
                    「コミュニティトレード」をコンセプトに活動されています。

                    第三世界ショップさんだけでなく、震災後、被災地での製品づくりのプロジェクトを
                    開始した団体は多くありますが、はじめは売れ行きも好調だった商品であっても、
                    一年を過ぎた頃から、被災地での商品というだけでは売れなくなり、
                    新たな販路探しに苦労しているところが多いと聞きます。

                    そんな中、ソーシャルニットワーク・プロジェクトのメンバーのお母さまたちは、
                    ただ頼っているだけでは、真の自立にはつながらないと、「事業協同組合」を作り、
                    オリジナル製品を各地へ発信していくための活動をはじめ、その一環として、
                    今回のキャラバン販売がおこなわれているようです。

                    松島の尾張屋さん


                    尾張屋さんは、「いつも東京でおこなわれるような販売会には、なかなか行くことができないし、
                    こうして来てもらえるのはありがたい。」とおっしゃっていました。

                    織り人の商品もそうですが、こうしたフェアトレード商品などは、
                    趣旨にご賛同いただき、売り上げだけではないところで、
                    同じ想いでご協力くださる、こうした店舗さんの存在というのは、
                    本当に大きく、ありがたいことだなと思っています。

                    困難な状況にある生産者の方たちへの支援ということは、もちろん大事なことですが、
                    商品を販売してくださる店舗さんへの感謝の気持ちを大切にしていかなければいけないと思っています。

                    松島の尾張屋さん


                    尾張屋さん、お忙しいところ、本日はお声をかけていただき、ありがとうございました。
                    このあと、北上してから東京へ戻るという全国キャラバンのおふたり、
                    各地のフェアトレードショップさんのためにも、がんばってくださいね。

                    モン族ライフシーン刺繍のカレンダーは、本日より尾張屋さんで委託販売中です!

                    織り人


                    【参考HP】 第三世界ショップWWBジャパン


                    アジアのフェアトレード雑貨OnlineShop「織り人(Orijin)」

                    0

                      織り人の短期ショップのお知らせ

                      2012.09.06 Thursday

                      以前、織り人商品を松島の尾張屋さんへご紹介にうかがった時にお会いした、
                      アマニ・ヤ・アフリカさんから、事務所の入っているみやぎNPOプラザに、
                      短期ショップの貸し出しスペースがあるというお話をうかがっていました。
                      9月頃に、ショップを考えているので、その時にもしよかったら…とお声をかけていただいていました。

                      そして先日、9月11日(火)〜16日(日)までオープンされるというご連絡をいただき、
                      織り人もご一緒させていただくことになりました!
                      個人だと、なかなか販売場所を確保するのもむずかしく、
                      今回こうした機会をいただけて、本当にうれしく思っています。
                      場所は、みやぎNPOプラザです。

                      こうした展示販売の際に使える、織り人を紹介するポップやショップカードなどを、
                      統一したデザインで製作準備をしていました。

                      これは、デザインの仕事をしていた姉が、織り人のためにつくってくれたものです。
                      オンラインショップのバナーと合わせて、織り人のイメージを統一できるように製作してもらいました。

                      織り人ショップ紹介POP


                      生産者のためだけの支援では、継続していくことができない。
                      購入者のためだけの製品づくりでは、生産者の想いが伝わらない。
                      販売者のためだけの商品では、背景にあるストーリーを伝えられない。

                      つくる人のしあわせ…
                      継続した仕事を手に入れることで、困難な状況から抜け出し、
                      民族として誇りを取り戻して、次へのステップに挑戦できるような、
                      経済的・精神的な自立を得ることができる。

                      かう人のしあわせ…
                      刺繍や織りの一つひとつ異なるデザインや色合いの中から、
                      お気に入りの商品に出逢え、その商品を購入することで、
                      「つくる人」を応援することができる。

                      うる人のしあわせ…
                      新しい商品を企画・販売し、継続した発注をすることで
                      「つくる人」の自立を支え、そして「つくる人」と「かう人」との
                      出逢いを提供し、民族の手しごとのすばらしさを伝えることができる。

                      織り人は、アジアの民族文化の起源(Origin)を次世代に伝承する「織り人」のフェアトレード商品を
                      ”つかう”ことでかかわるすべての人がしあわせになる『ものづくり』を目指していきます。

                      織り人ショップカード


                      いつもはネット販売のみで、実際に商品をお手に取ってご覧いただける機会がありません。
                      たくさんの方に、それぞれの民族の手しごとのすばらしさを伝えていけるように、
                      こうした販売の機会を増やしていけたらと思っています。

                      今回は、仙台周辺のみなさまに、お届けできたらと思っております。
                      お近くにお越しの際は、ぜひ遊びにいらしてください。お待ちしています!

                      織り人


                      アジアのフェアトレード雑貨OnlineShop「織り人(Orijin)」


                      0