スポンサーサイト

2015.08.13 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

0

    ラフ族の伝統的なバッグとリス族のバッグ

    2014.04.10 Thursday

    先日、ラフ族の機織りの様子をご紹介しましたが、その時に織っていた細長い布は、
    こんな感じのラフ族伝統のバッグの肩ひもの部分になります。

    カレン族のバッグと同じように、バッグ本体の脇から縫い付け、肩ひもになります。
    このために、細く、長く、織っていく必要があるのですね。

    ラフ族のバッグ

    このバッグは、男性にはちょっと小さいサイズだったようなのですが、
    がんばって?かけてくださったので、お写真を撮らせていただきました。
    わざわざすみません。ありがとうございました。

    ラフ族のバッグ

    ラフ族は、どちらかというと”織り”よりも”アップリケ”のような技法に長けています。
    そうしたアップリケをつかったポーチやバッグなどの製品をよく見かけます。

    このバッグの本体の上の部分なのですが、赤や緑、白や黄色などの色布を、
    折り紙のように折り曲げて、重ねて縫い合わせていくものです。
    1枚目の写真が、おわかりいただきやすいかと思います。

    その他にも、こんな丸い刺繍もラフ族の伝統的なものだそうです。

    ラフ族のバッグ

    この丸い刺繍には、どんな意味があるのかお聞きしてみたのですが、
    その意味はわからないそうで、でも、昔からのラフ族伝統の文様だそうです。

    今回、いろいろな村で、それぞれの刺繍の意味をたずねてみたのですが、
    意味までを知っている人は、ほとんどおらず、若い世代になると、
    伝統的な文様をアレンジしたり、異なる文様を組み合わせたり、
    自分たちの好みに合わせて、新しい文様を作り上げていることも多く、
    ますます文様の意味は、なくなっていっているようです。

    ラフ族のバッグについて

    ラフ族のバッグより小さなこのバッグ(下写真)は、リス族のものだそうです。

    なぜ、リス族のバッグを持っていらっしゃるのか聞いてみると、
    リス族の人から、同じようなのを作ってほしいと依頼があったのだそうです。

    リス族のバッグ

    前回タイを訪れた時も、モン族の人たちがミェン族の刺繍を刺していたり、
    異なる民族間での、刺繍や織りの技術が融合されていってることに驚いたのですが、
    今回も、そうした場面にたくさん出逢いました。

    それは、もう今では、普通のことなのだなぁと思います。
    というよりも、こうしたことは、もっと昔から、普通のことだったのかもしれません。

    織り人
    0

      スポンサーサイト

      2015.08.13 Thursday

      0
        関連する記事
        コメント
        コメントする