スポンサーサイト

2015.08.13 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

0

    ミェン族の伝統的な刺繍文様や技術を残したい。

    2015.06.08 Monday

    いつも、ミェン族の刺繍の商品をお願いしているところへ、商品のオーダーと、
    新しい刺繍のバッグの依頼に行ってきました。

    彼女は、ご自身もミェン出身で、何年も前から、ミェンの村の人たちが刺繍した布を買い取り、
    バッグやポーチなどの製品づくりをしています。
    『織り人』のミェン刺繍の製品のほとんどは、彼女が作っているものです。

    今回は、お客さまからご依頼のあった大きめの刺繍のショルダーバッグをオーダーできたらいいいなと
    思っていたのですが、ちょうどよい大きさのバッグが、すでにいくつか作られていましたので、
    今回は、そちら(写真下)のバッグを購入することにしました。

     
    ミェンの刺繍ショルダーバッグ


    最近では、こうした大きなめの刺繍の布を作ってくれる人が少なくなってしまい、現在は、他からの注文も、
    大きなバッグなどについては、納品をずっと待ってもらっている状態なのだそうです。

    刺繍を買い取ることで、村の人たちの助けになれば…という想いで始められたことだったということですが、
    今では、ミェン伝統の刺繍を、少しでも後世に残していくことができるようにという想いを強くしていらっしゃいます。

    刺繍をしてもらえる人がどんどん少なくなってしまっている中、それでも今も、ミェンの伝統的な文様を少しアレンジして、
    新しい文様を、村の人に試してもらったりと、新しい製品づくりにも、熱心に取り組んでいらっしゃいます。

     
    ミェンの刺繍ショルダーバッグ


    数年前からは、これまでの村の工房とは別に、生活雑貨屋さんもはじめられ、今回は、
    そちらの雑貨屋さんの方へお邪魔させていただいたのですが、お店のお仕事の方も、
    忙しくされていらっしゃるようでした。

    お店の一角にミシンを置いて、縫製スペースを作り、時間ができた時には、そこで作業をされているそうです。
    お忙しい中、バッグづくりの様子も、お写真に撮らせていただき、ありがとうございました。

    ご自身の民族のことを想い、誇りを持って取り組んでいらっしゃる姿に、いつも刺激をいただいています。

    織り人




     
    0

      スポンサーサイト

      2015.08.13 Thursday

      0